間違って買わないで・・・

中央競馬ではほとんどのGI・JpnI競走は第11競走で施行されるが、東京優駿当日は全体の競走数ならびに、メインとなる本競走の競走番号が他の競走と異なる。1989年〜2001年までは、当日は全部で10競走、東京優駿は第9競走で行われていた。2002年からは全体で1競走増加し、当日は11競走行われ、東京優駿は第10競走で行われていた。2006年からは東京優駿当日、薄暮開催を行い、最終競走に目黒記念を実施しているため、レース当日は全体で12競走行われるが、東京優駿は第10競走で行われる。通常の日程と勘違いして勝馬投票券を第11競走のものを購入してしまう観客も度々見られる。購入の際には注意が必要である。また馬券を発売している施設では注意喚起の放送が繰り返される。

(出典:Wikipedia)



この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。