ガヴアナー(第4回)

ガヴアナー

■回数・・・・第4回
■施行日・・・1935年4月29日
■性齢・・・・牡3
■勝時計・・・2:42 1/5
■騎手・・・・井川為男
■調教師・・・布施季三
■馬主・・・・高橋錬逸


【列伝】
ガヴアナー(1932年 - 1935年)は、日本の競走馬。父は小岩井農場が擁した戦前の大種牡馬シアンモア、母は帝室御賞典優勝馬アストラル。

1935年に行われた第4回東京優駿大競走(日本ダービー)に優勝した。全兄に第2回東京優駿大競走優勝馬カブトヤマがおり、日本ダービー史上初の兄弟制覇を達成している。他の兄弟では全弟に帝室御賞典 (秋)(第7回天皇賞)に優勝したロッキーモアー等がいる。騎乗騎手は3戦とも井川為男。


《略歴》
1935年3月にデビューすると2連勝を上げ東京優駿大競走に出走した。1番人気は3歳(旧4歳)にして帝室御賞典に優勝していた牝馬クレオパトラトマス。不良馬場の中クレオパトラトマスは9着に沈み、ガヴアナーはアカイシダケに6馬身差をつけ、タイムもレコードで優勝した。だが、東京優駿大競走のわずか2週間後、5月15日左後ろ足の種子骨を骨折し、治療の甲斐なく同月28日に安楽死の処置が執られた。


【主な勝ち鞍】
■1935年(3戦3勝)
東京優駿大競走(日本ダービー)


『データ』
■性別: 牡
■毛色: 黒鹿毛
■品種: サラブレッド
■生誕: 1932年3月9日
■死没: 1935年5月28日
■父: シアンモア
■母: アストラル
■生産: 小岩井農場
■生国: 日本(岩手県雫石町)
■馬主: 高橋錬逸
■調教師: 布施季三(福島)
■生涯成績: 3戦3勝
■獲得賞金: 28,230円

ガヴアナー画像

(出典:Wikipedia)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48890955

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。