イエリユウ(第9回)

イエリユウ

■回数・・・・第9回
■施行日・・・1940年6月2日
■性齢・・・・牡3
■勝時計・・・2:34 2/5
■騎手・・・・末吉清
■調教師・・・石門虎吉
■馬主・・・・石田一


【列伝】
イエリユウ(1937年 - 1941年)は、日本の競走馬である。1940年に第9回東京優駿競走(日本ダービー)に優勝した。全兄にタエヤマ(東京優駿競走2着)がいる。

生涯成績は16戦6勝。獲得賞金は4万4902円である。デビューから5戦目に5万6507人の観客を集めた東京優駿競走に出走し、1勝馬の身ながらミナミをハナ差下して優勝した。秋には京都農林省賞典4歳呼馬(現菊花賞)でも4着と好走している。京都農林省賞典4歳呼馬後は年末にかけて5戦3勝2着2回と調子を上げていたが、小倉で2連勝の後、急性脳膜炎を発症しそのまま死亡した。なお、この馬の死因については馬伝染性貧血が関連する脳膜炎ではないかという説もある。また、主戦騎手であった末吉清騎手も、後を追う様に夭折した。


【競走成績】
■1940年(16戦6勝)
東京優駿競走(日本ダービー)


『データ』
■性別: 牡
■毛色: 鹿毛
■品種: サラブレッド
■生誕: 1937年2月20日
■死没: 1941年1月13日
■父: トウルヌソル
■母: 山妙
■生産: 下総御料牧場
■生国: 日本(千葉県成田市)
■馬主: 石田一
■調教師: 石門虎吉(阪神)
■生涯成績: 16戦6勝
■獲得賞金: 44,902円

イエリユウの画像

(出典:Wikipedia)

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。