トキノミノル(第18回)

トキノミノル

■回数・・・・第18回
■施行日・・・1951年6月3日
■性齢・・・・牡3
■勝時計・・・2:31 1/5
■騎手・・・・岩下密政
■調教師・・・田中和一郎
■馬主・・・・永田雅一


【列伝】
トキノミノル(1948年 - 1951年)は日本の競走馬である。本桐牧場生産。旧名パーフェクト。オーナーは映画会社・大映の社長でプロ野球チームオーナーでもあった永田雅一。1984年(顕彰馬制度設立の年度)に顕彰馬に選出された。


■戦績
戦績は朝日杯三歳ステークス・皐月賞・東京優駿(日本ダービー)など、10戦10勝(7レコード)。デビュー当時の登録名は「パーフェクト」であり、デビュー戦を8馬身差のレコード勝ちし、圧倒的なその強さに「菊池寛の夢が実る時が来た」と言う意味で「トキノミノル」という名に改められた(現在は一度馬名を登録すると変更はできないが、当時は可能であった)。「トキノ」とは馬主でもあった菊池寛の冠名である。菊池寛は永田と親交があったが、この時にはすでに亡くなっていた。

その後皐月賞や東京優駿でもレコード勝ちをする。二着馬との差が最も縮まったのが東京優駿の時の1馬身半で、それ以外のレースは全て二馬身以上の差をつける圧勝だった。皐月賞の単勝支持率73.3%は、2007年現在でも史上1位である。また、慢性的な膝の疾患や裂蹄を抱えていたため、最後のレースとなった東京優駿では爪と蹄鉄の間にフェルトを挟んで出走した。そのあまりの強さに、アメリカ遠征のプランもあがったほどであった。

三冠確実とも言われていたが、東京優駿の17日後の1951年6月20日に破傷風を発症し死亡。


■逸話
東京優駿優勝後、関係者がコース内で記念撮影をしていたところ、スタンドの柵が壊れ、大勢の観客が馬場内に入って記念撮影に納まった。この光景を大川慶次郎は「競馬が大衆化した瞬間」であったと述懐している。

現在でも本馬に付いて回る『幻の馬』という異名は、少女小説作家で馬主でもあった吉屋信子が寄せた追悼文「初出走以来10戦10勝、目指す日本ダービーに勝って忽然と死んでいったが、あれはダービーをとる為に産まれた幻の馬だ」に由来する。「幻の三冠馬」や「幻の○○馬(○○はレース名)」という肩書きを持つ馬は数多くいるが、「幻の馬」という肩書きはトキノミノルに対してしか使われない。1955年には馬主である永田の手によって映画『幻の馬』も製作された。

また、馬主の永田も破傷風を発症した際、「ダービーの賞金を全て使ってもいいから治してくれ」と医者に頼み込んだのも有名な話。

死因となった破傷風にいては、現在ではウマ用ワクチンが広く使用されているが、当時はヒト用のものさえ日本には存在せず、命を落とすこととなってしまった。


■現在
その功績を称えて東京競馬場には石像(現在は銅像)が建立され、毎年2月の明け満3歳による重賞競走「共同通信杯(2000年までは数え馬齢だったので共同通信杯4歳ステークス)」は、サブタイトルとしてその名を冠しトキノミノル記念となっている。中央競馬で現在もレース名に名前が冠されているのはトキノミノル、セントライト、シンザンの三頭のみである(2004年のゴールデンジュビリーキャンペーンでのみ使用された競走馬は除く)。また、以前はクモハタ記念、カブトヤマ記念という重賞競走も行われていた。


■血統について
3×4のクロスとなっているThe Tetrarchは伝説的な挿話を多数残す稀代の快足馬であり、当時の日本では規格外のトキノミノルのスピードはこのインブリードによるところが大きいとされ、競走馬の血統理論や配合理論における、いわゆる『奇跡の血量18.75%』という概念の発端になったとされる。

トキノミノル自身は子孫を残すことができなかったが、全姉のダーリングはグリーングラスの三代母(曾祖母)であり、ここを通して現代の競馬にも細いながらその血を残している。


『データ』
■品種: サラブレッド
■性別: 牡
■毛色: 鹿毛
■生誕: 1948年5月2日
■死没: 1951年6月20日(3歳没・旧4歳)
■父: セフト
■母: 第二タイランツクヰーン
■母の父: Soldennis
■生国: 日本(北海道三石町)
■生産: 本桐牧場
■馬主: 永田雅一
■調教師: 田中和一郎(東京)
■生涯成績: 10戦10勝(レコード7回)
■獲得賞金: 425万7150円

トキノミノル像の画像

(出典:Wikipedia)

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84864978

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。