歴史(年表)カテゴリの記事一覧

歴史(年表)

■1932年 - 目黒競馬場の芝2400mの4歳(現3歳)牡馬・牝馬の定量の重賞競走、東京優駿大競走として創設。

■1934年 - 施行場を東京競馬場の芝2400mに変更。シアンモアが種牡馬として初の連覇。

■1936年 - 単勝5番人気のトクマサが優勝、同競走史上初の単勝払戻し限度額200円の配当を記録。

■1937年 - ヒサトモが牝馬として史上初の制覇。2着サンダーランドも牝馬。

■1938年 - 名称を東京優駿競走に変更。

■1939年 - 中山4歳牝馬特別・横濱農林省賞典4歳呼馬・阪神優駿牝馬・京都農林省賞典4歳呼馬と共にクラシック競走体系を確立。

■1943年 - クリフジが牝馬として2頭目の制覇。

■1944年 - 能力検定競走として施行(馬券発売なし・観客は少数の軍人と馬主など関係者のみ)。

■1945年 - 太平洋戦争の戦況激化により中止。

■1946年 - アメリカ進駐軍の競馬場占領により中止。

■1947年 - マツミドリが優勝、父・カブトヤマ(第2回)との史上初の父仔制覇を果たした。

■1948年 - 名称を優駿競走に変更。

■1949年

 ■単勝19番人気のタチカゼが優勝、単勝5万5430円の史上最高額の払い戻しを記録。

 ■激しい大混戦のために競走中の馬群の各所で混乱が起き、競走後に騎乗した騎手全員が裁決室に呼び出されて戒告を受ける。

■1950年

 ■名称を東京優駿に変更。

 ■日本ダービーの副称が付く。

■1953年

 ■史上最多の33頭が出走する。

 ■日本放送協会(NHK)によるテレビ中継が始まる。

■1954年 - 元地方大井所属のゴールデンウエーブが優勝。

■1956年 - 1コーナーで俗に言う『エンメイ事故』が起きる。馬主であった作家の吉川英治はエンメイの死と鞍上の阿部正太郎の騎手生命を絶たれる瀕死の重傷に大きなショックを受け、程なく競馬界から身を退く。

■1958年

 ■当時の内閣総理大臣・岸信介が観戦。

 ■元地方大井所属のダイゴホマレが優勝。

■1960年

 ■前年の9月1日から日本競馬の計時方式の変更に伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。

 ■バリヤー式スタートによる発走は本年まで。

■1961年 - スターティングゲートの採用により出走可能頭数を32頭に設定する。

■1969年

 ■1番人気タカツバキに騎乗した嶋田功が発走直後に落馬。

 ■ダイシンボルガードの厩務員がコースに乱入。

 ■優勝騎手の大崎昭一が競馬ファンに胴上げされる珍事。

■1972年 - ストライキ及び流行性のウマインフルエンザの影響により7月9日に順延開催。

■1974年

 ■枠順抽選がマスコミに公開される。

 ■シード制施行によりキタノカチドキが本競走で最初の単枠指定適用馬となる。

■1984年 - グレード制施行によりGIに格付けされる。

■1986年 - 出走可能頭数を28頭から24頭に削減する。

■1988年 - 馬名入りゼッケンが採用される(前年1987年秋よりジャパンカップ以外のGIにも馬名入りゼッケンの拡大を行うことによるもの)。

■1989年

 ■ウィナーズサークルが茨城県産馬及び芦毛馬として初制覇。

 ■1着の賞金総額が初めて1億円台(1億300万円)に到達する。

■1990年

 ■出走可能頭数を22頭に変更。

 ■世界最高となる入場者数19万6571人を記録する。

■1991年

 ■出走可能頭数を20頭に変更。

 ■入場券が前売り販売のみとなる(前年の19万人動員をきっかけに入場者の混雑防止を図る観点から。その後他の主要GI競走でも行われた)。

 ■その後2002年からは、前売入場券を入手できなかった者でも、開門30分を過ぎると一般入場券または回数入場券で入場できるようになったが、記念入場券の前売り制度自体は2006年まで続いた。

■1992年 - 出走可能頭数を18頭に削減する。

■1993年 - 皇太子殿下御成婚奉祝の副称が当年のみ付く。

■1995年 - 指定交流競走となり、地方所属馬にも門戸が開放される。

■1999年 - 武豊が騎手として史上初の連覇(2勝騎手は当時の歴代タイ記録)。

■2001年

 ■馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳牡馬・牝馬」から「3歳牡馬・牝馬」に変更。

 ■外国産馬の出走枠を最大2頭設ける

■2002年 - 当時の内閣総理大臣・小泉純一郎が観戦。武豊、歴代新記録の当競走3勝目。

■2003年 - ミルコ・デムーロが外国人騎手として史上初の優勝。

■2004年

 ■安藤勝己が地方競馬出身の騎手として史上初の優勝。

 ■コスモバルクが地方競馬所属馬として史上初の出走(8着)。

■2005年 - 外国産馬の出走枠を最大4頭に拡大。武豊騎手当競走4勝目で新記録更新。

■2006年 - 外国産馬の出走枠を最大5頭に拡大。

■2007年

 ■国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIに変更。

 ■記念入場券の前売販売を廃止し(フジビュースタンドの完成にともない観覧スペースが十二分に取れたことによる)、当日発売のみになる。

 ■皇太子がレースを台覧。

 ■内閣総理大臣・安倍晋三が観戦。

 ■ウオッカが牝馬として3頭目の制覇。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。