東京優駿に因んで・・・

東京優駿開催に因んで、1988年より東京優駿制覇騎手のみが騎乗出来るダービージョッキーズステークスと、東京優駿優勝馬の産駒のみが出走できるダービースタリオンズステークス(ともに準オープン)という競走が開催されていたが、ともに出走対象が激減していたために現在は廃止された。

(出典:Wikipedia)

ダービーフェスティバル

東京優駿の開催気運を盛り上げるために1983年から毎年開かれている日本中央競馬会主催のイベントである。

毎年、東京優駿が開催される週(原則5月最終日曜日)の月曜日に東京都内で開かれるこのイベントでは、その年の東京優駿に出走が予定されている注目馬の騎手や競馬愛好家のタレント、新聞・放送マスコミに携わる競馬ジャーナリストが一堂に会し、東京優駿のレース展望会や騎手インタビュー、クイズ大会などで盛り上がっている。なお2005年度は主催者の都合により都内ではこのイベントは行わずに、東京競馬場内でのサービスの拡充に費やした。

またダービーを題材にしたイベントが主としてダービーウィークの平日を中心に全国各地で展開されており、新潟市において「ダービーフェスティバル(西暦年数)」が新潟競馬場・新潟放送の共催で毎年行われる。なお、現在イベントの形で残っているダービーフェスティバルは、この新潟で行われているものだけである。2005年度は2004年の有馬記念フェスティバルを受けて新潟でも元JRA職員で、格闘家の小川直也が招かれた。

(出典:Wikipedia)

大西直宏騎手の引退で・・・

2006年12月、1997年にサニーブライアンで制した大西直宏が騎手から引退したことにより、美浦トレーニングセンターに所属する現役ダービージョッキーが皆無となった。美浦トレーニングセンター、またそれ以前の競馬場に厩舎が所属していた時代も含めて、関東圏に籍を置く現役ダービージョッキーが不在になるという事態は、日本近代競馬のクラシック路線の成立後、史上初の事態である。

(出典:Wikipedia)

連覇した調教師

2007年現在、クラシック競走で唯一、連覇した調教師がいない。本競走を8勝した尾形藤吉でさえ成し得なかった。

(出典:Wikipedia)

小倉デビュー

2005年までの段階で、デビュー戦を小倉競馬場で迎えた競走馬が東京優駿を制した例は無かったが、2006年の本競走においてメイショウサムソンが小倉デビューの競走馬として史上初めて優勝した。

(出典:Wikipedia)

間違って買わないで・・・

中央競馬ではほとんどのGI・JpnI競走は第11競走で施行されるが、東京優駿当日は全体の競走数ならびに、メインとなる本競走の競走番号が他の競走と異なる。1989年〜2001年までは、当日は全部で10競走、東京優駿は第9競走で行われていた。2002年からは全体で1競走増加し、当日は11競走行われ、東京優駿は第10競走で行われていた。2006年からは東京優駿当日、薄暮開催を行い、最終競走に目黒記念を実施しているため、レース当日は全体で12競走行われるが、東京優駿は第10競走で行われる。通常の日程と勘違いして勝馬投票券を第11競走のものを購入してしまう観客も度々見られる。購入の際には注意が必要である。また馬券を発売している施設では注意喚起の放送が繰り返される。

(出典:Wikipedia)

馬運車

競走馬輸送を行う日本馬匹輸送自動車は馬運車に東京優駿の歴代優勝馬の名前をつけている(最近は名前が足りなくなり顕彰馬の名前をつけているものもある)。

(出典:Wikipedia)

ゼッケンについて

中央競馬の3歳クラシック競走では、ゼッケンは紺地に黄色の数字のものを使用するが、本競走に限り一般競走と同様の白地に黒の数字のものを用いる。ただし一般競走のそれと異なり、金糸による縁取りが施されている。また、馬番の下に記載されるものは、スタンド側から見えるものについては馬名、内馬場側から見えるものについては第○○回日本ダービーの表示である。なお、その他のGI競走で使用されるゼッケンは、紺地に白色の数字を用いたものである。また、馬名が併記されるようになったのは1988年以降である(それまでは馬名入りゼッケンはジャパンカップ(1983年の第3回より使用)のみであった)。

(出典:Wikipedia)

ファンファーレ

例年、東京優駿のファンファーレ、表彰式の演奏は、陸上自衛隊中央音楽隊が担当している(他にもジャパンカップや、年度にもよるが有馬記念でも同様に演奏を担当している場合がある)。なお、ファンファーレは競走の出走可能頭数と同じ18人で演奏する。

(出典:Wikipedia)

2着馬の躍進!

本競走の優勝馬の中には、その後故障による早期引退や成績不振に喘いでいる馬が多いのに対し(1990年以降、古馬になってからもGI競走を制したのはトウカイテイオー・スペシャルウィーク・ディープインパクト・メイショウサムソンの4頭のみ)、2着入賞馬はその後1着馬以上に活躍・出世するケースが近年顕著になってきている。1990-2004年の2着入賞馬15頭のうち実に13頭がその後GI競走を制しており、ライスシャワー・ビワハヤヒデ・ナリタトップロード・シンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・ハーツクライなどが名を連ねている。

(出典:Wikipedia)

日本ダービーのジンクスを打ち破ったのは・・・

フルゲートが20頭代後半(1970年代で概ね28頭。多い年は30頭を超すこともあった)であった1990年頃まではテレビによく映るからとの理由で距離がもたないと分かりながらも、大逃げを打つテレビ馬と呼ばれる馬が存在した。そのため東京優駿は概ねハイペースとなった。また、その頃まで第1コーナーに入る時点での10番手以内は「ダービーポジション」と呼ばれ、大外枠(8枠)は勝てないという至極真っ当なジンクスもあった。そのジンクスが破られたのはフルゲートが20頭となった1991年で、この年の勝ち馬トウカイテイオーの枠番は、8枠20番だった(1992年からは馬番連勝複式勝馬投票券の導入に伴う法令上の都合から出走頭数制限がなされ、最大18頭までの出走となる)。

(出典:Wikipedia)

最年少勝利騎手

最年少勝利騎手は第12回を優勝した前田長吉の20歳3か月。日本中央競馬会成立以後に限ると、第38回を優勝した田島良保の23歳7か月。

(出典:Wikipedia)

クリフジと前田長吉の画像

他の競馬場での代替開催は一切しない

競馬における東京優駿の位置づけは特別である。皐月賞など他のレースはスタンド改築などにより他の競馬場で代替開催されることはあるが、東京優駿は第3回に目黒の競馬場から現在の府中の東京競馬場への移転によるコース変更があっただけで、他の競馬場での代替開催は一切行われたことがない。過去に東京競馬場のスタンド改修などがあった時にも、時期をずらして施行されている。また、近年は東京競馬場の改修工事を東京優駿の開催は変更しない前提で日程を組んでいる。これは7大原則の7の「以上1.から6.を満たす競走は、国内において本競走のみとすること」に基づいているからである。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。